既存の学科制とは異なり、多くの開設科目の中から、自分の興味関心、適正、進路目標などに応じて学びたい科目を必要な分だけ選んで学習します。

学びたい科目が複数の分野にまたがっていても大丈夫。やる気さえ有れば、たくさんの分野について学習することが可能。可能性は無限大です。

また、同じクラスの仲間であっても、全く違う目標を持ち、全く違う勉強をしている人がいます。多様な生徒同士の集合体は、お互いに刺激し合い、個人の成長にもつながります。

個性を伸ばし、社会の変化に主体的に対応できる人間を目指します。

 

 

 


"
産業社会と人間"とは、授業の名前です。1年次の2単位の科目です。

産業社会と人間は、総合学科の学校でのみ行われる授業であり、総合学科の生徒は必ず履修する科目です。

 


この授業の目的は、自分の進路について深く考え、将来社会人として世の中に貢献できるための基礎となる知識や態度を身につけることです。

そのために、通常の授業とは異なり、体験活動や講演会、発表会などを多く取り入れています。

また、2年次と3年次における自分自身の選択科目の決定もこの授業で行います。

さらに1年間の学習のまとめとして、「マイライフプラン」の作成を行います。

 

 

 

<主な学習内容>

 

【前期】

栽培実習、職業と資格の研究

職場施設見学、体験発表会

性教育講座

社会人講話

【後期】

系列別体験授業

職場体験学習、体験発表会

科目選択

マイライフプラン作成

 

系列とは、進路や興味・関心に合わせて、ある程度体系的、専門的に学習できるようにまとめた選択科目のグループのことをいいます。自分に適した系列を選ぶことが適切な科目選択をすることにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

西目高校には5つの系列があります。

これらの系列には、多様な進路希望に対応し、生徒一人ひとりの個性を伸ばすための科目が含まれています。

入学後にこの中から主に学習する系列を1つ選び、さらにその中から自分の進路希望を考慮した上で科目を選択します。各系列の中には、他の学校にはない西目高校独自の学校設定科目も用意され、最新の設備での実験や実習なども行われています。

 

3年間で9096時間のうち4452時間分を選択します。

100科目の中から選択します。

希望者は、大学進学や資格取得の為に7校時目の授業を選択することもできます。

※選択者の人数により、場合によっては開講できない科目があります。